本サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。

FANATECのおすすめハンコンを最新に日々更新するページ | MASK | ブログ

Fanatec

2024/5/17更新

昔は、マニア御用達のハンコンだったFANATECですが、プレステのGT7(グランツーリスモ)に公式対応したGT DD Proを発売したことで、国内で一躍有名になりました。最近、新興の中国メーカーも出てきており、需要が散らばっているようですが、ドイツで設計されたこの製品の歴史からくるバリュー、エコシステム(様々なグレードのホイールベース、ステアリング、ペダルを自由に組み合わせ可能)の魅力は依然高いと考えています。

【PS5】グランツーリスモ7
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥5,580(2024/05/23 01:27時点)

2023年10月には、Forza MotorsportがXBOXまたはPC向けにリリースされました。FANATECのXBOX対応ステアリングさえ購入すれば、FANATECの現在販売中のハンコンはXBOXで使用することもできます。

現在はプレステ・XBoxに対応する15Nmの保持トルクの最新ダイレクトドライブClubsport DD+も発表されています。(ステアリングとのセット品のGT DD Extreamも発売)

Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...
ClubSport DD+
最も先進的なClubSport Wheel Baseです。ClubSport DD+は15 Nmのトルクを提供し、PlayStation®5向けに公式ライセンスを取得しています。

FANATECは様々なグレードの製品があるので、「どれをどう組み合わせて買えばいいんだ?」と悩む方も多く、SNSや、このブログを通して聞かれることもあり、まとめるためにこのページを作りました。何かに気づいた時や、新製品発売やセールのタイミングの時に更新していきたいと思います。

FANATECを購入する場合、セットで購入するのか、バラで購入するのかという選択肢がまずあります。バラで購入とは、ホイールベース(モーターのところ)、好きなステアリング、(FANATEC内外含め)好きなペダルのことです。さらに、シフターやハンドブレーキ等のオプション品もあります。初めはとても、迷うと思います。さらにクイックリリースも。

人によって、目指すべきところは様々かと思いますが、FANATECを触ってきた人間として、迷っている人の助けになればなと思って、とにかくまとめました。参考にしていただければ幸いです。

長々と書いていますので、結論が知りたい方は、一番下に書いていますので飛ばしていってください。

  1. 購入方法はFANATEC公式サイトの新品か、中古の二択
    1. FANATECの中古品の購入はしっかり吟味が必要
  2. 必要十分なGT DD PRO&CSL DDか、中級グレード最新モデルClubsport DD/DD Extremeか、FANATEC最強Podium DD1, DD2か?
    1. プレステで遊ぶ場合はFANATEC GT DD PROまたはClubsport DD+(GT DD Extreme)
      1. FANATEC GT DD PROやClubsport DD+(GT DD Extreme)をXBOXでも使用したい場合はXBOX対応ステアリングが必要
        1. FANATEC GT DD PROをXboxで使用したい場合
        2. Clubsport DD+が欲しいけど、GT DD Extremeの公式ステアリングが気に入らない方
        3. Podium Racing Wheel F1(DD1のプレステ対応バージョン)が気になる方
    2. プレステ対応のFANATEC Clubsport DD+/非対応のDD
    3. プレステのレースゲームを今後購入しない場合は、CSL DDか、Clubsport DDか、Podium DD1/DD2のどれか
  3. FANATEC CSL DDの5NmとDD1の20Nmの差は何か!?
  4. Podium DD2/DD1か?Clubsport DD+/DDか?
  5. FANATEC Podium DD1 vs DD2
    1. FANATECのホイールベースまとめ
  6. FANATECのステアリングはどれを買うべきか?
    1. じゃあFANATECのステアリングは何買う??
    2. Clubsport DD/DD+&Podium DD1/DD2の方はステアリング注意
  7. FANATECのペダルはどれを買うべきか?
    1. FANATECのロードセル式ペダル
  8. 一度FANATECのセット販売も要確認
  9. もし、予算10万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)
  10. もし、予算25万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)
  11. もし、予算30万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)

購入方法はFANATEC公式サイトの新品か、中古の二択

FANATECは公式サイトで新品を販売しており、日本の倉庫から発送されます。在庫があれば、1日または2日で届くでしょう。クーポンは発行されておらず、毎年11月末に実施されるブラックフライデーや、たまに不定期に行われる割引等、全て公式サイトに掲載され、その組み合わせをカートに入れれば自動的に適用されます。

以下のようなものは公式サイトへのリンクです。他のネットショッピングのサイトと同じく、カートへ入れて、レジに進みクレジットカード等で決済をすると購入することができます。

CSL DD (8 Nm)
CSL DD では、次世代の FANATEC® ダイレクト ドライブ テクノロジーを使用することにより、極めて鮮明かつダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現しています。付属のBoost Kit 180を使用して、最大強度(8 Nm...

FANATECの公式サイトでの購入方法について、確認しておきたい方はこちらをご確認ください。

FANATEC公式HPからのハンコン購入方法と気をつける点(日本語で説明)|MASK
2022/03/25 クレジットカードの決済に関するリンクを追加 私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 日本の公式HPが2020年11月から日本語対応したものの、公式以外の通販サイトでまあまあ...

注文の際には、在庫のあるものと無い物は別々に頼むことを強くオススメします。FANATECは同じカートで注文された全ての注文内容が揃わないと発送してくれません。なので、複数の商品を頼んだ場合、その複数の商品全てが揃わないと発送されないため、無限に商品が揃うのを待つことになります。(すごい変なシステムなので、気をつけて)

FANATECの中古品の購入はしっかり吟味が必要

ハンコンはいつも手に触れたり足で踏まれるようなものなので、中古品については、あまり使われていないようなものや、丁寧に使われた品をフリマサイトやSNSで見つけるのがいいと思います。

FANATEC製品はリセール価格が高いため、多少劣化していても新品とあまり変わらない値段で売られているものも目にしますし、新品の在庫がない場合は、中古品でも新品以上の価格で売られていたりします。

新品が無難ですが、中古を考えている方は、ある程度の商品知識があり吟味できるようになってからが良いかと思います。

必要十分なGT DD PRO&CSL DDか、中級グレード最新モデルClubsport DD/DD Extremeか、FANATEC最強Podium DD1, DD2か?

FANATECでまず決めるべきが、モーターの強さ・FFBの質です。

プレステで遊ぶ場合はFANATEC GT DD PROまたはClubsport DD+(GT DD Extreme)

現状、プレステで遊びたい場合は、GT DD PROかClubsport DD+(GT DD Extreme)が選択肢となります。どちらともXBOXにも対応しており、FANATECのXBOX対応ステアリングを購入することでXBOX対応になります。

GT DD PROやGT DD Extreme(Clubsport DD+)本体にはプレステ用の認証チップが内蔵されています。FANATEC製品を使ってプレステで遊ぶためには、このGT DD PROかClubsport DD+(GT DD Extreme)を購入する必要があります。

GT DD PROを使ってプレステを一番安価に始められる3点セットは下の92,900円112,000円です。(3月に値上がりしちゃいました…このまま円安が進めばさらに…値上がりしていくでしょう)

Gran Turismo DD Pro (5 Nm)
Gran Turismo®の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスと FANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

このセットで販売されているGT DD PROの発生トルクは最大5Nmのスペックになります。フォーミュラーカー等、パワステが無いような車を運転し始めるとより大きなトルクが欲しいと思うかもしれません。
単品価格20,000円24100円のブースターキットというACアダプタを追加し、トルクを8Nmになるセットが112,000円128,200円(3月に値上げされました…)となります。ブースターキットを後で購入するより7900円お得になります。(値上げのせいで、お得度がかなり上がった…)

Gran Turismo DD Pro (8 Nm)
Gran Turismo® の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスとFANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

2024年2/9に、15Nmのプレステ・Xbox・PC対応のダイレクトドライブであるClubsport DD+とステアリングがセットになったGT DD Extremeが発売されました。詳細は↓こちらのページにまとめましたので、確認してみてください。

Clubsport DD+と新しいグランツーリスモ公式ステアリングのセットで209,000円です。気軽に買える額では無いですが、プレステ・XBOX・PC全対応にできる最新15Nmハンコンに価値を見出す人がいるかもしれません。(僕は購入しましたが…GT DD PROも十分良いハンコンなので、迷ってください)
GT DD PROやClubsport DD+でプレステとXboxで遊ぶににはFANATECのペダルが必要です。

Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...

FANATEC GT DD PROやClubsport DD+(GT DD Extreme)をXBOXでも使用したい場合はXBOX対応ステアリングが必要

XBOXでも使用したい方はXBOX対応ステアリングを選択する必要があります。

FANATEC GT DD PROをXboxで使用したい場合

上記のGT7公式ステアリング同封モデルではなく、下記のGT DD PRO 8Nm単品とXBOX対応ステアリングを購入してください。

また、プレステのプレイヤーの中でGT7公式ステアリングが気に入らない方も下記の8Nm対応のものを購入したら良いでしょう。89,999円96,200円(3月値上げ泣)になります。

Gran Turismo DD Pro Wheel Base (8 Nm)
Gran Turismo® の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスとFANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

またはステアリングとセットのGT DD PROを購入し、新品のステアリングは取っておくか、フリマに出す方法もあります。うまくやればバラで買うよりお得に本体を手に入れることはできるかもしれませんが、手間だと思いますので、バラで購入した方が楽だと思います

Clubsport DD+が欲しいけど、GT DD Extremeの公式ステアリングが気に入らない方

今の所Clubsport DD+が単品で販売されていない現在、下記のGT DD Extremeを購入して、ステアリングは取っておくか、売却するかのどちらかになります。

Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...

もうそろそろで、ステアリングがClubsportグレードのF1タイプのものになって、お値段同じセットも発売されると私は考えています。(以下は、アメリカのサイトのものなので、以下のリンクから買っても日本には届きません)

ClubSport Racing Wheel F1®
The ClubSport Racing Wheel F1® combines an advanced Formula Steering Wheel with a unique blue forged carbon finish, and ...

詳細はこちら。

Podium Racing Wheel F1(DD1のプレステ対応バージョン)が気になる方

GT DD PROより、プレステ&Xbox両方対応のDD1(品名:Podium Racing Wheel F1)が気になる方もいるかと思います。

2023年の頭までは、アメリカやヨーロッパ対象のFANATECのサイトでは、プレステ対応の20Nmの強力なFFBを発生できるPodium DD1(品名:Podium Racing Wheel F1)も販売していましたが、プレステ対応のClubsport DD+が発表された今、もう販売されないような気がします。

Podium Racing Wheel F1®
The first ever direct drive system for PlayStation®4. Fanatec® Direct Drive has no equal. It is quite simply the most re...

↑これが気になる方は、もう中古を手に入れるしかありませんが、保証や設計年度を考えるとあまりお勧めできません。

15Nmのトルクを発生しプレステ対応のClubsport DD+同封のGT DD Extremeを購入するか、Clubsport DD+を購入される方が安心かと思います。

上記のリンク先で説明しているように、FANATECは自信満々にClubsport DD+/DDをリリースしており、GT DD PROやプレステ対応のDD1と比較するとトルクやFFBの細かさ等で体感できる違いがあることが想像されます。

すでに書きましたが、下記のセットで209,000円となり、結構な高級品です。

Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...

GT DD PROの8Nmでもプレステ・Xbox・PCに対応でき、トルクも、それより上を知らなければ、大体の人は満足できると思います。お金に余裕がある方はClubsport DD+(GT DD Extreme)。ハンコンにそこまでお金をかけられない方は、GT DD PROから始めても良いのでは?と思います。

プレステ対応のFANATEC Clubsport DD+/非対応のDD

FANATECのハンコンのモーターである右のClubsport DD+ですが、現在、GT DD Extremeと呼ばれるステアリングとセットになったものと、単品の2種類で販売されています。

ClubSport DD+
最も先進的なClubSport Wheel Baseです。ClubSport DD+は15 Nmのトルクを提供し、PlayStation®5向けに公式ライセンスを取得しています。
Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...

左の最大トルク12Nmのプレステ非対応の黄色いClubsport DDは、日本でも2023年11月より販売が開始され、現在129,000円で販売中です。プレステ対応は不要で、高出力かつFFBの反応速度の速い新設計のFANATECホイールベースが欲しい方は、購買層になると思います。

FANATECのXBOX対応ステアリングを購入すると、XBOXは対応しますので、今、プレステで遊ぶ必要のない方かつ、最新のシステムに興味がある方は3Nmのトルクの差には目を瞑ってClubsport DDを購入すれば良いかと思います。

ClubSport DD
最も先進的なClubSport Wheel Base。

Clubsport DD+は単品で160200円。一方、Clubsport DDは129,000円で差額が31000円になります。

GT DD PRO(8Nm)の単品は96,200円。その差は約7万円にもなるかもしれません。よく考えて、ご自身が納得するようなお買い物をしてください。

Gran Turismo DD Pro Wheel Base (8 Nm)
Gran Turismo® の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスとFANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

GT DD PROの8Nmでも、数年前のハンコンと比べると十分だとは思います。懐に余裕がある&ハンコンをすでに所有していて、すぐにハンコンが必要でない方はClubsport DD+やGT DD Extremeを購入してみると良いと思います。トルクやFFBの反応速度が大きく違うので、体感はできるはずです。

プレステのレースゲームを今後購入しない場合は、CSL DDか、Clubsport DDか、Podium DD1/DD2のどれか

XBOX対応のステアリングを購入すれば、GT DD PRO、CSL DD、Clubsport DD/DD+、Podium DD1/DD2はすべてXBOXに対応します。

2023年7月末よりこのCSL DDがびっくりするぐらい値下げして売られるようになりました。

詳細は、下記記事にまとめましたが、CSL DDに加え、ステアリング、ペダルを追加購入した場合、元々47900円のCSL DD本体が3万円になるというキャンペーンが継続しています。カートに入れたら自動的に適用されます。

それにより、下記3点セットが、58,400円65200円+送料1000円くらいとなり、比較的安価にダイレクトドライブを始められるようになります。

CSL DD (5 Nm)
CSL DD では、次世代の FANATEC® ダイレクト ドライブ テクノロジーを使用することにより、極めて鮮明かつダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現しています。
CSL Pedals
CSL Steering Wheel P1 V2
CSL Steering Wheel P1 V2は、パフォーマンスに妥協せず最低価格でフル機能を備えるホイールです。 まさにCSL DDの理想的なスターターホイールです。

結論を書いておくと、

プレステで遊びたい方はGT DD PROまたはGT DD Extreme。
プレステは不要で、PCまたはXBOXのみで遊びたい方は、CSL DDやClubsport DD、Podium DD1/DD2から購入を検討する。

CSL DD (8 Nm)
CSL DD では、次世代の FANATEC® ダイレクト ドライブ テクノロジーを使用することにより、極めて鮮明かつダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現しています。付属のBoost Kit 180を使用して、最大強度(8 Nm...

お財布に余裕のある方は、CSL DDは購入せずに、12NmのClubsport DD(PC・Xbox対応)または15NmのClubsport DD+(PS/Xbox/PC対応)を買ってしまう。
Clubsport DD:129,000円

ClubSport DD
最も先進的なClubSport Wheel Base。

DD1やDD2は元々新型のクイックリリースQR2が付属し、特に20Nmのトルクを発生するPodium DD1は133,600円まで下がっています。これは12Nmのプレステ対応のClubsport DDにかなり近い金額となっています。DD1は3年保証、DD2は5年保証というメリットもあります。

Podium Wheel Base DD1 QR2

FANATECの社員曰くClubsport DDやDD+はFFBの反応速度が6.2Nm/msであり、Podium DD1/DD2の約2倍になっているとのことです。これによって、路面の細かな凹凸だとかが手に伝わりやすくなり、より臨場感を得られるようになっています。

6.2Nm/msの根拠については下記リンクを参照ください。

私が購入し長期間使用したDD1についてのレビューです↓

お値段に関しては
CSL DD (=GT DD PRO)<Clubsport DD<DD1<Clubsport DD+<DD2の順に高くなります。

後で「もう少しここの性能が欲しいな」と思ったときに買い替える手間とお金を考えると、
迷ったらグレードが高い方を買うことをおすすめします。

CSL DD(=GT DD PRO)は頑張れば買える、でもClubsport DD/DD+は無理と思っているなら、CSL DDで家庭用ハンコンとして十分だと思います。下記のオプションを後で購入し、CSL DDを8Nmにすれば、十分強いトルクが得られます。(同時に購入したら本来2万円のブースターキットが1万3400円となるので、初めから買っておいた方がお得ではありますが)

Boost Kit 180 (8Nm)
CSL DD 専用に設計されている Boost Kit 180 は、ホイールベースにさらなる力を与え、最高のパフォーマンスを可能にします。

「Clubsport DDやDD+を買えないこともないけど、できれば安い方のCSL DDがいいのだけど?Clubsport DD/DD+、わざわざ買わなくてよくないか?」と思っている方の場合には、Clubsport DD/DD+や安くなっているDD1を強くおススメします。

なぜか?

本当に簡単に言うと、CSL DD (=GT DD PRO) よりClubsport DD/DD+やDD1の方が腕に路面の情報が倍伝わりやすいからです。

CSL DDは5Nmのトルク、オプションを追加すると8Nmのトルクを発生することができます。DD1は20Nmです。(自動車のタイヤの締め付けトルクって、大体100Nmです。ぐいっと、力を込めてナットを締めると思います。その1/5の力がモータから瞬時に発生して、路面の状況を伝えてくるってすごいと思います。

私のプレステ公式対応のGT DD PROのレビュー↓
(CSL DDと中身は同じなので、使用感の参考になると思います)

私のPodium DD1↓

FANATEC CSL DDの5NmとDD1の20Nmの差は何か!?

先ほど書いた、

CSL DDよりDD1の方が腕に路面の情報が4倍伝わりやすい(Clubsport DDやDD+なら約3倍)

について、とても感覚的に言うと、

もしあなたが強い方のDD1を持っていたとします。

フォーミュラーカーで、あるキツいカーブを曲がる時、一番重いところで最大20Nmになるように設定していたとします!

DD1の場合、カーブを曲がりながら、ステアリングを切っていると、だんだん重くなっていって、一番重いところで20Nmに到達します。

それがCSL DDだと、カーブを曲がりながら、ステアリングを切っていくと、だんだん重くなっていって、途中でその重さが5Nmになったとします。すると、その後はずっと同じ重さの5Nmでカーブを曲がっていきます、その最中に路面の変化があっても5Nmのまんま一定の重さが続きます。路面に起伏があっても5Nmを超えると、路面の変化を感じ取ることができなくなります。(FFBクリッピングと呼ばれています。)

これが嫌なので、みんな、DD1で20Nmで設定した一番重くなるところをCSL DDでは5Nmに設定します。すると、カーブで重くなっているとき、FFBは常に変化してくれますが、そのカーブ中の路面の起伏を拾った時のFFBの変化はすごく小さいものとなり、全体的にFFBが弱く感じられます。
ただ、5Nmをブースターキットの追加で8Nmに変えると、トルクが1.6倍となり小さい変化でも1.6倍のトルクで出力され結構満足すると思います。なので、予算が無い方は、CSL DDから始めるので問題ないかと思っています。

というように、8Nmである程度満足できるとは思いますが、その先がどんどん気になり、Clubsport DD+/DD, DD1/DD2欲しいなーとなっていくわけです笑

Podium DD2/DD1か?Clubsport DD+/DDか?

GT DD Extreme(Clubsport DD+)を手にしました。Podium DD1と比較してみた結果はこちらです。

Clubsport DD+の方がスルーレート(FFBの発生する速度)が2倍のため、最大トルクはDD1の20Nmに比べ15mと小さいものの、Clubsport DD+の方が細かな路面の変化を細かくモーターから腕に出力でき、元気に感じましたが、すごく大きく違うか?というと明確に言葉で表現することが難しかったです。

総じて、プレステ対応でリセールもいいだろうし、初めて買うならClubsport DD+の方がおすすめな気がします。

ClubSport DD+
最も先進的なClubSport Wheel Baseです。ClubSport DD+は15 Nmのトルクを提供し、PlayStation®5向けに公式ライセンスを取得しています。

12NmのClubsport DDについては、フォーミュラを乗った時に、もしかしたらFFBが足りないと感じる時が来るかもしれません。フォーミュラをメインで遊ぶような方は、FANATECで、と言うなら僕はClubsport DDよりはClubsport DD+またはPodium DD1を推します。(どちらにするかは、予算に応じてでしょうか)

FANATEC Podium DD1 vs DD2

FANATEC Podium DD1とDD2の性能差は、ほぼ感じ取れないと思っています。(中身は同じで、制御で出すFFBを調整していたはず。)違いは、発生トルクがDD2の方が、大きい。補償期間がDD1が3年、DD2が5年。DD2は緊急停止ボタンが付いてくる。外装パネルが少し違うぐらいでしょうか。
DD2の5年保証は魅力的ですが、現在DD1はセール価格中なのもあり、DD1でも十分では?と個人的には考えています。

Podium Wheel Base DD2
究極のフォースフィードバック体験であるPodium DD2のご紹介。画期的なテクノロジー、驚異的なパフォーマンス。非常に単純に、これまでで最も高度なダイレクトドライブソリューションです。

FANATECのホイールベースまとめ

予算がないならCSL DDでも十分高性能。(買えるなら8Nmのオプションパーツをお得に同時購入しておくほうが良い。路面の情報が5Nmのものに比べて1.6倍も増えるし、割引率が大きい

でも、もしClubsport DD/DD+/Podium DD1/DD2を買えるなら後から欲しくなるので、12NmのClubsport DD以上がいいと思います。

僕は、Formulaステアリングとパドルのセット販売の時にDD1を購入しました。

購入した理由とか↓

FANATEC Podium DD1とFormula V2ホイールとパドルモジュールのバンドルを発注した話|MASK
私のブログは、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含む記事があります。 2021年、緊急事態宣言も出たし、仕事もテレワークメインで自由度が依然高いままだし、少なくともあと1年ぐらいはiRacing続けるなと思ったので、装備をアップ...

FANATECのステアリングはどれを買うべきか?

どれでも好みのものを買えばいいです!が、私のブログで何度も書いている内容を再掲します。

クイックリリース(ホイールベースとの接続部)が旧型の強化プラスチック製の製品(QR1 Liteと呼ばれている)は、とりあえず下記のオプションの金属製クイックリリース(QR1)を追加購入されることをお勧めします。(最近約半額ぐらいになりました)

QR1 Wheel-Side
以前はClubSport Quick Release Adapterとして知られていたQR1 Wheel-Sideにより、交換可能なクイックリリースを備えた互換性のあるステアリングホイールをQR1を装備したホイールベースで使用できます。

もちろん、一番安いQR1 Liteのみで購入しても、遊ぶことはできます。とりあえず購入して、必要になってから金属製QR1またはQR2を追加購入しても問題はありません。

また新たにステアリングを購入する方はClubsportまたはPodiumグレードの元々金属製クイックリリース(QR1)が付属しているステアリングを購入するようにすることをおススメします。QR1 Liteの強化プラスチックの接続部が、強力なFFBによってクラックが入ったといった投稿がSNSでたまに見られます。

さらに余裕がある方は、2023年9月から発売されたQR2に変更することが可能です。(結構古いステアリングはできないものもあるが、現在販売されているものはQR2に換装可能)DD1やDD2を買うと、元々QR2のオス側が付属してきます。ClubsportやPodiumグレードのステアリングには、QR2Liteではなく、QR2、QR2PROを選択してください。ここの記事に書いてあるように、QR2Liteは、CSLグレード専用のクイックリリースであり、ClubsportグレードやPodiumグレードのステアリングに基本的には取り付けすることができません。(QR2LiteはClubSport Steering Wheel F1® Esports V2のみ対応するみたい)

CSL DD/GT DD PROの場合はQR2のオス型は付属しませんので、Type-Cのものを購入する必要があります。(GT DD PROにQR2 Type-Cを取り付けた記事

QR2 Base-Side (Type-C)
QR2 Base-Side(タイプ-C)は、Gran Turismo DD ProまたはCSL DD Wheel BaseをQR2にアップグレードし、互換性のあるQR2対応ステアリングホイールを使用を可能にします。

QR2については、こちらをご覧ください。

常に高いトルクで運転したい方やステアリングに剛性をすごく求める方は、Podium Hubと呼ばれる製品があります。これにQR2を使用するのが一番剛性を確保できます。

Podium Button Module Rallyとともに使えば、剛性感の高いドライビングができるはずです。

Podium Button Module Rally
Podium Button Module Rally は、2022年と2023年の Ford Puma Hybrid Rally1 WRC カーで使用される機能満載のデバイスです。

じゃあFANATECのステアリングは何買う??

まず、フォーミュラー型ハンドルは、上が切れているので、画面が見やすいです。

また、以下の2つのおすすめは、丸形に比べ多数のボタンがあり、内部に振動モーターがあったりし、高機能です。拡張性も高いので、フォーミュラステアリングが気になるなら、今後のことを考えるとこの2つのどちらかにしといた方がいいと個人的に思います。2者の違いは、文字が白のステアリングはグリップが革で、オレンジ色はアルカンターラ。オレンジ色のフォーミュラステアリングはXBox対応でその分価格が高いです。(CSL DD/GT DD PRO/DD1/DD2すべてXBOX対応にできます)なので、XBoxで遊ぶ予定のない方は白い方がいいと思います。ちなみに両方とも初めから金属製QRがついています。

ClubSport Steering Wheel Formula V2.5
ClubSport Steering Wheel Formula V2.5 は、あらゆるフォーミュラカーやシングルシーター型レースカーに最適なサイズと形状を備えています。
ClubSport Steering Wheel Formula V2.5 X
Xbox 公式ライセンス取得 ClubSport Steering Wheel Formula V2.5 X は、あらゆるフォーミュラカーやシングルシーター型レースカーに最適なサイズと形状を備えています。

安いCSLグレードのステアリングもありますが、安いステアリングは、個人的にホイールベースのトルクを8Nmにする場合、オプションの金属製クイックリリースをつけることをお勧めします。その金属クイックリリースを購入すると、おすすめしている少し高価なステアリングの値段にかなり近づいてしまいます。なので、ステアリングについては初めから、金属製QRが付いたClubsportグレードまたはPodiumグレードのものを購入しておいた方がいいのでは?と思ったり

金属QRがついて、FANATECではお手頃?で拡張性がある円形ステアリングは、下記の2つで、機能は同じです。デザイン、グリップ部の素材が違いますので、悩んでください。(見た目の好みで選んで大丈夫です)

ClubSport Steering Wheel RS
完全な丸い形と滑らかな天然レザーを備えた、スタイリッシュな 320 mm のステアリングホイール。 本物の素材と見事なデザインにより、まるで実際の車に乗っているような気分を味わえます。
ClubSport Lenkrad BMW GT2 V2
これは、BMW M3 GT2 レースカーのステアリングホイールと同じ寸法と材質を使用した正確なレプリカです。 V2 は前モデルより 30% 軽量で、磁気シフターと交換可能なクイックリリースを備えています。

先ほど「拡張性がある」と書きましたが、ここで紹介した上記4つのステアリングと、安いステアリングとの違いですが、↑これら4つはAdvanced Paddle Moduleを取り付けられるということです。(ほかにも取り付けられる製品はあります)このパドル、持ってると幸せですが、高いので後で本当に欲しくなった時に購入を考えてみてください。

FANATEC Podium Advanced Paddle ModuleをFormula V2ステアリングに装着したのでレビューしてみた|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 ↓このFANATECPodium Advanced Paddle Moduleですが、マニアックな商品なのか??日本語の記事が少ないので、レビューや装着方...

【参考】FANATECの全てのステアリングを調べた記事↓

FANATECのステアリングを軽い順に並べてみた(重量・直径も表示)|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 2022年7月更新! 一般にステアリングが軽ければ軽いほど、径が小さければ小さいほど、CSLやCSWやDDのようなホイールベースから伝わるFFBは俊敏かつ...

私のステアリング↓

FANATEC Clubsport Steering Wheel Formula V2のちょっとしたレビュー|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 2022年10月修正!(新型のF1 EsportsならAdvanced Paddle Moduleが使える旨追記!) ちょっと先日、思い切った買い物をしま...

↓FANATECの最安値のステアリングのレビュー

2021年ブラックフライデーでFANATECのCSL Steering Wheel P1 V2ステアリングを購入した話とちょっとしたレビュー | MASK | ブログ
2021年11月26日、ブラックフライデーでした。 ちょっと買おうか迷ってたものがありました。俗に言うP1ステアリングです。 ファナテック のステアリングなのに99.95ドルという激安価格。発表時はドル/ユーロのみの発表でしたが結局日本円で14900円。(送料数百円別)

↓Podium DD2, マクラーレンステアリング、V3ペダルを使用したときの記事

Clubsport DD/DD+&Podium DD1/DD2の方はステアリング注意

Clubsport DD+/DD、Podium DD1/DD2にはハイトルクモードがあります。

8Nm以上のトルクを発生させるモードで、対応しているステアリングにのみ8Nm以上のパワーを出力します。ClubsportグレードやPodiumグレードのステアリングだと、間違いなく8Nm以上出ますのでそのまま買えばいいです。

CSLグレードのステアリングの場合、以下の2つのステアリングに金属QR1・金属QR2/QR2 PRO組み合わせのみハイトルクモードになります。(P1ステアリングやWRCステアリングだと、ハイトルクモードにはできません)CSLグレードのステアリングを買う際には注意してください。

CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2
これは、McLaren GT3 レースカーに実際に装着されるハンドルのレプリカです。McLaren Automotive Limited の正式なライセンスを受け、実物大として細部まで複製されています。 Xbox One® および Xbox...

CSL Universal Hub V2(グリップ部は取り替えられる、他にも適合するグリップ部はたくさんある)

CSL Steering Wheel 320 Alcantara® V2
この製品は、CSL Universal Hub V2 とClubSport Wheel Rim 320 Alcantara®のバンドルです。

FANATECのペダルはどれを買うべきか?

もし、ペダルもFANATECで揃えるなら、下記3つのうちのどれかをご購入してください。CSLペダルでも、楽しめるかと思いますが、お財布に余裕がある方は、V2ペダルや、アフターパーツが多いV3ペダルにされるのがいいかと思います。

FANATEC CSL Elite Pedals V2ペダルのレビューです。

ちなみにプレステ対応のFANATECホイールベース(GT DD Pro等)やXBOXで使用する場合は、ペダルは基本的にFANATEC一択になります。ペダルは直接プレステやXBOX本体につなげられず、FANATECのホイールベース(モーターの部分)に専用のケーブルで繋げる必要があるためです。

FANATEC製の有無を問わず、ペダルを購入する際のポイントは、「ロードセル」ブレーキが使用されていることを基準に選ばれたらより楽しめると思います。(V2とV3は元々ロードセルを使用。CSLはオプションで選択する)

ロードセル式とポテンショメータ式というのがあって、

ロードセルは踏み込んだ重さを検出器が感知して、それをPCに伝えてくれます。

一方、安いポテンショメーター式は、踏み込んだペダルの角度がPCに入力されます。

実車の原理的に、踏み込んだ重さがブレーキのキャリパーを挟み込む力になるので、ロードセルの方が実車のブレーキを踏んでいる感覚に近くなるわけです。また、カーブ手前でギリギリ止まるために、最適なペダルの角度を覚えるより、足に伝わる重さを脳で感じた方が、最適なブレーキペダルの位置をコントロールしやすくなるという利点があります。

FANATECのロードセル式ペダル

CSL Pedals LC
CSL Pedals LCは、CSL PedalsとCSL Pedals Load Cell Kitのバンドルです。
CSL Elite Pedals V2
CSL Elite Pedals V2は完全組み立て済みの3ペダルセット。加工し切り出されたアルミニウム製、クラッチとスロットルにはプリシジョンハールセンサーを搭載。ロードセルブレーキは“デュアルステージ”スプリングとエラストマースタックで...
ClubSport Pedals V3
カスタムメイドのロードセルは非常に耐久性があり、V2のものよりはるかに正確です。リアルで強い圧力をかけ、本物の車と同じように筋肉の緊張でブレーキを正確にコントロールできます。

吊り下げ式に強いこだわりがある方はこちらです。機構としては上記のペダルと変わりありません。

ペダル
Nothing will make you faster than a set of good pedals. The high-end technology and ultimate adjustability of Fanatec pe...

ペダルについては、他社もたくさん出していますので、そちらとの比較もされてもいいかもしれません。※くどいかもしれませんが、GT DD PROやプレステ対応のDD1を使ってプレステで遊びたい場合やXBOXで遊びたい場合は、ファナテック製ペダルが必須(裏技で繋げられるかもしれないですが…)です。

おそらく、FANATEC製品を購入して触っていくと、だんだん、「あれが欲しい、これが欲しい…」となり、結局は高価だけど…私が↑載せたような製品を買ってしまう…という人も多いのではと思っています。

ちなみに、私は2022年11月までの3年弱CSL Pedalの前の型のロードセルペダルキットを使用していました。その後、結構お値段のする、Heusinkvleld社のペダルに買い替えはしたのですが、一番安価なCSL Pedalでもロードセルペダルは楽しいと思います。もう、どれもそれぞれ楽しめますのでご予算に応じて選べばいいかと思います。

Fanatec CSL Elite Pedals Loadcell(ロードセル) Kitのレビュー|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 新型のFanatec CSL Elite Pedalsが発表されました。現行のCSL Elite Pedals購入の際は注意! Fanatec CSL E...

9月中旬に、バージョンアップされたCSL Elite Pedals V2↑が発売されました。
一方、あと7000円出せば、V3ペダルに手が届きます。
このV2ペダル、もともとは合計28000円程度で売っていたものに対しフレームの基本構造は変えず、アップデートした経緯があり、ブレーキのコントロールが凄くしやすいです。

あと7000円出せば、フラッグシップのV3ペダルを購入された方が見た目の質感・満足感は高いと思います。私はV3ペダルも触ったことがありますが、機械的な工作精度が高く高級感もある、3世代目まで改良が重ねられてきた実績あるペダルです。(ただし、ブレーキペダルがそのままでは少し軽く感じると思うので、4000円のオプションのグミみたいなものも一緒に購入することをおススメ。)

ClubSport Pedals V3
カスタムメイドのロードセルは非常に耐久性があり、V2のものよりはるかに正確です。リアルで強い圧力をかけ、本物の車と同じように筋肉の緊張でブレーキを正確にコントロールできます。

一度FANATECのセット販売も要確認

今まででご説明した内容を頭に入れつつ、セット品も確認してみてください。セットで安く販売しているパターンがあるので、購入前には要チェックかと思います。

Ready2Race
私たちのコンフィギュレーター

最安値65200円のP1ステアリングとCSLペダルのセット(PCのみで様々な分野のレースゲームを始めたい方はこれ)ついでに、トルクを上げたバージョンにしたい方は、ブースターキットも同封されているCSL DD READY2RACE BUNDLE FOR PC (8 NM)を購入するとブースターキットをバラで買うより4000円程度安く購入できます。

CSL DD Ready2Race Bundle for PC (5 Nm)
The CSL DD Ready2Race Bundle for PC (5 Nm) combines the CSL Steering Wheel P1 V2 with the CSL DD and CSL Pedals.

在庫がなければ、ちょっと奇抜なデザインですが、これが次に安いです。上記のものよりBMWのライセンス代として+1000円です。

CSL DD Ready2Race BMW Bundle for PC (5 Nm)
簡単な説明:CSL DD Ready2Race BMW Bundle for PC (5 Nm)は、CSL Steering Wheel BMWとCSL DDおよびCSL Pedalsを組み合わせたものです。

XBoxにも対応させたいなら、マクラーレンGT3V2テアリングがいいと思います。次に紹介するWRCステアリングのセットもありますが、マクラーレンGT3V2ステアリングにしておくと、将来、ClubsportDD+/DDやPodium DD1/DD2を導入したときに、高トルクモードが使えます。WRCステアリングだと8Nm以上の高トルクが出ません。ちなみに前述のP1 V2ステアリングや、そのBMWバージョンのステアリングについても同様高トルクが出ません。

CSL DD Ready2Race McLaren Bundle for Xbox & PC
CSL DD McLaren Bundle は、CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2 と CSLDD、および CSL Pedals を組み合わせたセットです。

ラリーやドリフト等をしたくてXBox対応が必要なら、WRCステアリングのセットが安価です。

CSL DD Ready2Race WRC Bundle for Xbox & PC

将来Clubsport DD/DD+やPodium DD1/DD2の所有の可能性があり、高トルクモードが必要なら、WRCステアリングは対応しませんので、Universal Hub V2が対応するはずです。ただし、これはXboxには非対応です。

CSL DD Ready2Race 320 Bundle

ちなみに円形ステアリングでかつ、XBOX対応のステアリングとなると高価にはなりますが、Clubsport Universal Hub V2 for Xboxを使用したステアリング一択です。これを買っておいたら、かなり万能にはなると思います。

ClubSport Universal Hub V2 für Xbox
すべての6 x 70mmまたは3x 50 mmのパターンのホイールリムは、このHubに取り付けることが出来、FANATEC®ホイールベースで使用します。

CSL DDの3点セット購入時の大幅割引について↓

もし、予算10万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)

2023年の4月ごろからでしょうか、GT DD PROやCSL DDの在庫も復活、安定してきました。

予算10万円でプレステ対応なら、GT DD PROしかありません。(最近の値上げのせいで超えてしまいますが)レビュー記事↓

Gran Turismo DD Pro (5 Nm)
Gran Turismo®の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスと FANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

FANATECでとにかく安価にスタートしたい場合、個人的なおススメは以下の通り。(プレステ非対応)

CSL DDの3万円キャンペーンの際も記載していますが、上記のセットはダイレクトドライブのCSL DDやベーシックなステアリングと2ペダルで初期投資を抑えられるようなバンドルになっています。FANATECでダイレクトドライブで65200円は結構安いと思います。

予算があるのであれば、ロードセルキットを足したり、

CSL Pedals LC
CSL Pedals LCは、CSL PedalsとCSL Pedals Load Cell Kitのバンドルです。

さらにブースターキットを足したり、ステアリングを好みのものに変えれば良いかと思います。

またはステアリングはちょっと奮発してこの辺にするとか、

CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2
これは、McLaren GT3 レースカーに実際に装着されるハンドルのレプリカです。McLaren Automotive Limited の正式なライセンスを受け、実物大として細部まで複製されています。 Xbox One® および Xbox...

余裕があるなら個人的には、金属クイックリリース付きの下記のFormula V2.5や、BMWステアリングUniversal Hub付きのステアリングあたりが強度や拡張性のことを考えればおススメです。

ClubSport Steering Wheel Formula V2.5
ClubSport Steering Wheel Formula V2.5 は、あらゆるフォーミュラカーやシングルシーター型レースカーに最適なサイズと形状を備えています。
ClubSport Lenkrad BMW GT2 V2
これは、BMW M3 GT2 レースカーのステアリングホイールと同じ寸法と材質を使用した正確なレプリカです。 V2 は前モデルより 30% 軽量で、磁気シフターと交換可能なクイックリリースを備えています。
ClubSport Steering Wheel 320 Alcantara®
人間工学グリップを備えた多目的丸形ホイール。快適さとグリップを兼ね備えた本物のAlcantara®で包まれたホイールは、白いステッチと白い革のセンターストライプが特徴です。 Podium Button Module Endurance(別売...

もし、予算25万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)

DD1は最大トルク20Nm、3年保証があり、昔は20万円で販売されていたものが133600円。値上げの影響もほぼ受けていない。設計が古いので、FFBの細かさとしてはClubsport DD/DD+に軍配が上がる。ただし値段を加味すると非常に甲乙つけがたい。(Clubsport DD+とPodium DD1の比較をしましたが、リセールで言うと、CLubsport DD+。初期費用を抑えると言う観点では、熟成されたDD1でも無難でいいような気がします。DD1はデカくて、重いので設置場所の自由度がDD+より少し低いですが。個人的な意見です。)

ClubSport DD
最も先進的なClubSport Wheel Base。
Podium Wheel Base DD1 QR2

このUniversal Hub V2は、持ち手部分と分離でき交換が可能。320mmという径は汎用性あり。カートに入れる際、金属製のQR2を選択する必要あり。

ClubSport Steering Wheel 320 Alcantara®
人間工学グリップを備えた多目的丸形ホイール。快適さとグリップを兼ね備えた本物のAlcantara®で包まれたホイールは、白いステッチと白い革のセンターストライプが特徴です。 Podium Button Module Endurance(別売...

フォーミュラをガンガンにやる方にとってはこれもいい。昔持っていたけど、全面パネルが金属なのでかなりガッチリしている印象。カートに入れる際金属製のQR2を選択する必要あり。

ClubSport Steering Wheel F1® Esports V2
世界中のF1®Esportsプロで使用されているClubSport Steering F1®Esports V2は、オリジナルのF1®Esportsホイールを改良したもので、磁気シフター、カスタマイズ可能なRGB LED、改訂された電子機器...

トルクは12NmとDD1よりは小さめだが、セットで値引き額は多い。(無駄に)QR2Proがついて144000円(日本のマーケットは、このセットでは日々数、DD+のフォーミュラバンドルを早く出してほしいと思っているはず)

ClubSport DD F1® Esports V2

ブレーキは結構大事なので以下のV2ペダル程度にはしておきたいところ。(コストは上がるが、見た目を気にする方はV3ペダルという選択肢もある)

CSL Elite Pedals V2
CSL Elite Pedals V2は完全組み立て済みの3ペダルセット。加工し切り出されたアルミニウム製、クラッチとスロットルにはプリシジョンハールセンサーを搭載。ロードセルブレーキは“デュアルステージ”スプリングとエラストマースタックで...

もし、予算30万円で!と言われて、すべてファナテックで揃えるとすれば…(2024年4月バージョン)

今はプレステ、XBOX、PC全てに対応するClubsport DD+(DD Extreme)に商品的な魅力が大きい。FFBの立ち上がり速度はPodium DD1/2の2倍。Podium DD2は5年保証、25Nmという条件は大変魅力的ではあるが、設計が古いので、悩ましい。

ClubSport DD+
最も先進的なClubSport Wheel Baseです。ClubSport DD+は15 Nmのトルクを提供し、PlayStation®5向けに公式ライセンスを取得しています。
Gran Turismo® DD Extreme
Gran Turismo® のための最強の公式ダイレクトドライブシステムは、 Polyphony Digital とのパートナーシップにより設計された先進のステアリングホイールと、15NmのClubSport DD+ホイールベースを組み合わ...
Podium Wheel Base DD2
究極のフォースフィードバック体験であるPodium DD2のご紹介。画期的なテクノロジー、驚異的なパフォーマンス。非常に単純に、これまでで最も高度なダイレクトドライブソリューションです。

フォーミュラーステアリングについては、単純にこのフォーミュラステアリングを購入してもいい。

ClubSport Steering Wheel Formula V2.5
ClubSport Steering Wheel Formula V2.5 は、あらゆるフォーミュラカーやシングルシーター型レースカーに最適なサイズと形状を備えています。

よりガッチリとしたフィーリングが欲しい方は、このリムとUniversal HubV2を購入すればいいと思う。

ClubSport Wheel Rim SPARCO® Formula
Sparco F-10 A ホイールのレプリカ。コンパクトなフォーミュラスタイルのホイールで、人間工学に基づいたグリップを備えています。 快適性とグリップのため、高品質のアルカンターラ®で覆われています。Podium Button Modu...
ClubSport Universal Hub V2
すべての6 x 70mmまたは3x 50 mmのパターンのホイールリムは、このHubに取り付けることが出来、FANATEC®ホイールベースで使用します。

より多くのボタン・機能が欲しい人は上記のステアリングにこれも追加し、キラキラできる。

Podium Button Module Rally
Podium Button Module Rally は、2022年と2023年の Ford Puma Hybrid Rally1 WRC カーで使用される機能満載のデバイスです。

もしフォーミュラー用にUniversal Hub V2を購入することを決めたのなら、持ち手の部分だけ追加で円形ステアリングを購入するのもいいかも。(付け替えはめんどくさいので、結局もう一つUniversal Hub V2を買うことになると思うけど)

ClubSport Wheel Rim 320 Alcantara®
人間工学グリップを備えた多目的丸形ホイール。快適さとグリップを兼ね備えた本物のAlcantara®で包まれたホイールは、白いステッチと白い革のセンターストライプが特徴です。 Podium Button Module Endurance(別売...

BMWGT2V2でもいいしRSステアリングでもいい。そこは好みだと思います。

ClubSport Steering Wheel 320 Alcantara®
人間工学グリップを備えた多目的丸形ホイール。快適さとグリップを兼ね備えた本物のAlcantara®で包まれたホイールは、白いステッチと白い革のセンターストライプが特徴です。 Podium Button Module Endurance(別売...
ClubSport Steering Wheel RS
完全な丸い形と滑らかな天然レザーを備えた、スタイリッシュな 320 mm のステアリングホイール。 本物の素材と見事なデザインにより、まるで実際の車に乗っているような気分を味わえます。
ClubSport Lenkrad BMW GT2 V2
これは、BMW M3 GT2 レースカーのステアリングホイールと同じ寸法と材質を使用した正確なレプリカです。 V2 は前モデルより 30% 軽量で、磁気シフターと交換可能なクイックリリースを備えています。

ペダルは、V2かV3。ペダル角度の調整機構や見た目に惹かれた人はV3になると思います。

ClubSport Pedals V3
カスタムメイドのロードセルは非常に耐久性があり、V2のものよりはるかに正確です。リアルで強い圧力をかけ、本物の車と同じように筋肉の緊張でブレーキを正確にコントロールできます。

V3の場合はブレーキの硬さを調節できるグミのような樹脂も買っておいたらいい。

ClubSport Pedals V3 Brake Performance Kit
このブレーキパフォーマンスキットは、ClubSport Pedals V3(反転)に最適なアップグレードであり、ブレーキペダルのストロークを減らしてブレーキ圧力を高めることにより、ブレーキ圧力ポイントの感覚を高めます。

参考

購入前のチェックリスト

コメント