本サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。

FANATECからプレステ(PS4/PS5)対応のCSL DD:「GT DD Pro」の要点をまとめた | MASK | ブログ

2021年11月25日、ブラックフライデー前日の早朝にCSL DDのプレステ4/5対応&グランツーリスモ公式バージョン発売がアナウンスされました。要点だけまとめるつもりが、結構な量になってしまいました。(この記事は、当時の記録として残しておきます。当時の価格や、発表時期等の参考にしてみてください。)

↓そして、約1年後の2023年1月、PS5をFANATECでやるという欲が抑えられず、購入。
レビュー記事ですので、ご覧ください。

ホイールベースの在庫状況が分かるページ↓

レーシングホイール/DD ホイールベース
Racing Wheels are bundled products that combine selected Steering Wheels and Wheel Bases. The wheel base is the heart of...

ちなみに、何を買おうか迷っている方は一度こちらもご確認ください。

「PS4とPS5に対応」「PCの全ての主要なレーシングゲームにも対応」

「日本でも購入可能になるよ!」(公式Twitter)

予約開始日

11月26日金曜日(ブラックフライデー)

日本時間21時20分頃

FANATECのブラックフライデーですが、普段でもFANATECのサーバー多少もっさりしているのに、この日だけは毎回混み合い、かなり重くてなかなか注文できません。
大変混み合うと思うので、ファナテック が初購入の方は、26日のお昼までに事前にアカウントだけ作成しておくことを強くオススメ。(セールが始まり、登録画面に必要情報を入れて、「登録」と押しても…エラーが何度も出てるとか…そういうのが一年前頻発していたようです)

↓ヨーロッパ時間の朝から予約開始とのこと。

→日本時間16時ごろから注文ができるようになってました。

CSL DD以外のブラックフライデー対象FANATEC製品↓
これらを買う人たちも世界中からサーバーにアクセスするので・・・。

更新!2021年のFANATECブラックフライデーの内容と、2020年のブラックフライデーの記録|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 2022年7月更新! FANATECからプレステ(PS4/PS5)対応のCSL DD Proが発売されたので要点だけまとめた | MASK | ブログ 2...

価格と納期

Gran Turismo DD Pro (5 Nm)

一番ベーシックなモデル。ハンコン初心者の方でお財布に余裕が無い方、でもダイレクトドライブが気になる方はとりあえず購入し、後で欲しくなったらオプション品を付け足すという考え方もありますね。
予約開始2021年11/26
発送2022年3月
699,95€/$

92900円でした。

Gran Turismo DD Pro (5 Nm)
The official Direct Drive Wheel for Gran Turismo®. Combining PlayStation®5 console performance with FANATEC® Direct Driv...

中身は同じで、発送が3ヶ月も早い2021年クリスマス前発送のものは
Gran Turismo DD Pro (5 Nm) (Express Shipping)という名前がついて849,95€/$
100,400円に。直前に買った人、びっくり( ゚Д゚)。
(通常版が供給されるようになったため、もう発売されていません。)


今ハンコンがないけど、とにかくクリスマス前に欲しくて、早くレースゲーム/シミュレータを始めたい方は多少高くてもこちら。
繋ぎのG29とかを購入して売却して…とするより、手間もかかりませんし、常に同じ道具で遊び続けられるので、上達は早くなるかと思います。

Gran Turismo DD Pro (8 Nm)

上記のモデルに対して、ハンコンの最大トルクが約1.5倍になるオプションをつけたモデル。
強い電源が必要とのことで、アダプタが変更。

予約開始2021年11/26
発送2022年3月
849,95€/$

112900円でした。

Gran Turismo DD Pro (8 Nm)
Gran Turismo® の公式レーシングホイール。 PlayStation®5のパフォーマンスとFANATEC® ダイレクトドライブ テクノロジーを組み合わせることで、最もスムーズでダイナミックなフォース フィードバック感覚を実現してい...

Gran Turismo DD Pro Premium Bundle


上記の1.5倍トルクのセットに、ロードセルのブレーキペダルが付きのモデル。安い角度感知式のブレーキに比べ、踏み込む重さに対応してブレーキを出力するので、感覚的にブレーキが踏める利点があります。自分でコクピットを作る余裕がある人、マニアな人には間違いなく初めからこれをオススメ。
ロードセルのブレーキは結構重く、50kgで踏みつけないとフルブレーキできないような仕様にできたりします。ということは、ペダルを床置きにして、ガムテープで止めるぐらいのことをしても一瞬で、椅子が後ろに行くか、ペダルが向こうに行きます。
ただ、3つペダルがあるので、残りの比較的バネの軽いペダル2つを使ってコクピットができるまではバネ式でお茶を濁す方法もあるので、ゆくゆくはロードセルだと思っている方は一気に買っておくという手もあり。

予約開始2021年11/26
発送2022年3月
969,85€/$

128900円でした。いいお値段。

https://fanatec.com/ja-jp/detail/index/sArticle/1487?a_aid=104011490

下記のクランプ、商品に付属しているので別途購入は不要です。

CSL DD Table Clamp
CSL DD の設計を補完するものとして、ホイールベースを机やテーブルにしっかりと固定することができます。

2022年3月9日、ホイールベース(モーターのところ)単体発売開始


公式のリリースには、「SONYが最終製品を承認したらね」と、ホイールベース単体もすぐ発売するとリリースされていましたが、ついに発売。

こだわりのステアリングを使いたい方、V3ペダルで始めたい方。すでにステアリングをたくさん持っている方、すでに旧ペダルやV3ペダルを持っている方等、「新たにステアリングもペダルもいらないよ!」という玄人の方向けの選択肢もあります。

https://fanatec.com/ja-jp/gran-turismo-dd-pro-wheel-base-8-nm?a_aid=104011490&chan=code3

89,999円

もともと8Nmキットが付属しているので、必要なのはステアリングとペダルを新たに購入する必要があります。

ステアリングは他のファナテック ステアリングに交換可能

下部に、互換性について記載されていて、もうファナテック 製品なら繋げます状態。
・すべてのファナテック のPodiumステアリング
・すべてのファナテック のClubsportステアリング
・すべてのファナテックのCSLステアリング

・すべてのファナテック のペダル(RJ12ケーブルに対応してないと、新たなケーブルが必要)
・すべてのファナテック のシフター
・ファナテック のハンドブレーキ
・Boos Kit 180 (5Nm –> 8Nmに変えられるアダプタ)

ステアリング変えてもプレステ対応するの?と心配な方。

プレステにつないで認証するシステムはホイールベース(モーター側)に入っています。
FANATECのステアリングは基本「PS Ready」(ホイールベースさえ対応していたらプレステで使える)なので、心配されなくて良いかと思います。ステアリングの商品ページの右上に、PS Readyと書いてたら対応しています。

(ただ、プレステステアリング、実車感はないものの、たくさんボタンがあってかなり使いやすいのでは?と思うのでとりあえず使ってみることをオススメ)

金属製クイックリリースシステムに交換可

後ろの強化プラスチック製の接合部が気になる方は、金属製のクイックリリースシステムに交換可能

交換用の接合部。左の写真の6つのボルトを外すことで交換できます。

QR1 Wheel-Side
以前はClubSport Quick Release Adapterとして知られていたQR1 Wheel-Sideにより、交換可能なクイックリリースを備えた互換性のあるステアリングホイールをQR1を装備したホイールベースで使用できます。

接合部についてもうちょっと書いた記事↓

Fanatec CSL WRC Rally Wheelの接続部|MASK
私のブログには、サイト維持やネタ収集、SIM研究のため、広告を含むページがあります。 FANATECよりCSL WRC Rally Wheelが発売され、FANATECのハンドルとしてはお安めな25800円ですが、僕は一つだけ気になっている...

5Nmのセット購入後、180 booster kit購入でアップグレード可能

上記の互換情報の通り、5Nm–>8Nmにするセット(180 Booster Kit)を後で購入しても、アップグレードが可能です。セットの方が数千円安くなるので、お財布に余裕がある方は初めからセットがいいかもしれません。

Boost Kit 180 (8Nm)
CSL DD 専用に設計されている Boost Kit 180 は、ホイールベースにさらなる力を与え、最高のパフォーマンスを可能にします。

後からロードセルペダルを追加可能

一番高級なGran Turismo DD Pro Premium Bundle以外は、ペダルは2つで、両方ともペダルの位置を感知して、ブレーキ量を出力する形式です。
ロードセルペダルにすると、足裏にかかってくる重みに応じてブレーキ量を出力するようになるので、感覚的にブレーキが踏めます。なので、これもお財布に余裕がある方は初めから一番高いのを買っておくのが一番良いかと思います。

売り切れでプレミアムバンドルの購入ができなかった方は15900円で、下記のロードセルペダルを追加することが可能です。

CSL Pedals Load Cell Kit
CSL Pedals Load Cell Kitでより大きな一貫性と自信でブレーキング。究極のCSL Pedalsのアップグレードオプション:リアルなブレーキとクラッチペダル。

「3ペダルなら何でもいい」という方は、クラッチキットというものもあります。5490円です。
CSL DDを買うようなこだわり派・ハンコンにお金をかけられる方は、上のロードセルブレーキペダルを購入しておくことをおススメ。

CSL Pedals Clutch Kit
CSL Pedals Clutch Kit を使用して CSL Pedals を 3 ペダル セットへとアップグレードしましょう。

付属のクランプ以外にも、ボルトで直接固定も可能

普通のCSL DDですが・・・

すでに発売されている通常バージョンのCSL DDと同様、左右と底にボルト用の穴を持った金具を通す溝が掘っていて、そこにその金具をスライドさせ、結構自由に固定位置を調整できます。
初めはクランプ机に固定し、「なんか違う」と思ったら、コクピット制作等考えてみてください。

「左右と底のナットレールシステムによって、容易にしっかりとしたマウントをすることが可能」

みたいなことを書いています。

左がPSバージョン。右が普通のCSL DD。
多少外観は違いますが、スライド機構や取り付け位置は同じかと思います。(違ってたらごめんなさい。)

<参考>

FANATEC CSL DDのレビュー動画の内容をまとめてみた | MASK | ブログ
FANATECのCSL DDの1時間20分もあるレビュー動画をまとめてみました。

要約するとポリフォニーデジタルと一緒に頑張って作りましたみたいなことを言っています。
(てきとー)

結局どれを購入すべきか

Fanatec製品を全く何を持っていない方はプレミアムが間違いなく、今後のことを考えればオススメです。
が、お財布に余裕がなかったり、しっかりとしたコクピットがなかったり、勉強机とか、コロコロがついた椅子でプレイする人は、5Nmから始めても良いかもしれません。

プレステバージョンが欲しい人の中でもこだわり派の人は、FANATEC Podium DD1のプレステバージョン(正式名称 Podium Racing Wheel F1)をアメリカまたはヨーロッパの公式サイトから購入し輸入。(海外FANATEC公式ページからの購入は、直接日本には送ってくれないので注意)ブレーキはV3ペダル。そんな選択肢もあります。

https://fanatec.com/us-en/racing-wheels-wheel-bases/racing-wheels/podium-racing-wheel-f1?a_aid=104011490&chan=code3
ClubSport Pedals V3
カスタムメイドのロードセルは非常に耐久性があり、V2のものよりはるかに正確です。リアルで強い圧力をかけ、本物の車と同じように筋肉の緊張でブレーキを正確にコントロールできます。

そんなハンコンに10万円も出せない泣( ノД`)シクシク… な方は、↓この辺を購入するという手もあります。(もっと安いやつがあったらすいません。)
今までハンコンを持っていなかった人がフォースフィードバック付きのハンコンで遊べれれば、十分感動するし、楽しいと思います。
ただ、CSL DDについて検索されてきたということは…CSL DDが気になっているということだとは思います。普通のハンコンを買った後に、ダイレクトドライブだとどうなのかなーって考え始めたら、結局買うことになったりするかもしれません笑
一方、そもそもハンコンに10万円は、相当余裕があるか思い入れがある人じゃないと決断できない金額です。後悔しないようにご自身にあったハンコンをゲットしてください!

↓これは18%OFF

<参考>

DD Proを購入した人が準備すべきことは?

FANATECのCSL DD/GT DD PROを購入した人は何をすべきか|MASK | ブログ
FANATEC CSL DDやGT DD PROを購入したものの、到着して開けてみたらすぐにゲームできない!というパターンがあるので書いておきます。

嘘書いてたら、ここにコメントするなりして教えてください↓

おわり

コメント

  1. wchiba より:

    初めまして! ハンコン購入前ですが色々参考にさせていただいています。
    V3ペダルがPS5対応なのは公式HP上で理解できたのですが、ABS FFBに対応しているかの情報がなく、DD Pro Premiumバンドル版のペダルにするか決めかねています。
    何か情報お持ちでしょうか?
    (Fanatec Foramも見てみたのですが、そもそもV3 works on GT5?という質問にすら回答がついていませんでした。。)

  2. wchiba より:

    ありがとうございます! 
    Twitterネットワークは頼りになりますね。普段使ってないのですが、私もそちらでコメントさせていただきます。